好き避け男子の恋愛心理&特徴22選!行動・態度で本音を読み解け

好き避け男子 恋愛 結婚

好き避け男子は感情を伝えることが上手くないため、冷たい態度に見えることも多いです。仲良くしていたのに急に態度がそっけなくなると「嫌いなのかな?」と感じるもの。

好き避け男子の恋愛心理に気づくことができれば、恋愛関係に発展することもできるでしょう。行動や態度、LINEに好き避けサインが隠されています。

好き避け男子の恋愛心理&特徴20選を詳しく解説します。




好き避け男子とは?

好き避け男子

好き避け男子とは、言葉のとおりに好き避けする男性のことを意味します。好き避けとは、好きなのに避けてしまうことで、ときには冷たくそっけなくあたってしまいます。

ただ、心の底では恋愛感情を抱いていて、好き避けした後に後悔するケースも多いです。恥ずかしがり屋や奥手、緊張体質な男性が好き避け男子になりやすいです。

 

好きな気持ちがあってもアピールできないため、関係が進展しないことで悩んでいる好き避け男子も多いので、うまくコミュニケーションを取れば普通に接してくれるはず。

振り向かせるためのテクニックが足りなかったり、恋愛経験が足りなかったり、はたまた本当に恥ずかしがりだったり、好き避けする理由は性格や志向によって変わります。

 

女性の中には冷たくされる、そっけなくされることで「嫌われている!」と感じることもありますが、男性は周りにバレたくない、プライドが高いなど、女性とは違い周囲の目を気にする傾向があります。

そのため、好き避け男子なのかチェックしたいときは、大勢いるときと二人きりのときの態度や行動の変化に目を向けてみてください。

好き避け男子は急に態度や行動が変わる!

好き避け

好き避け男子は急に態度や行動が変わる傾向があります。好きな人以外とのコミュニケーションは普通ですが、好きな人と接するときだけ冷たい・そっけないと思える態度を見せ、恋愛感情を隠そうとします。

好き避け男子の心理や、態度、行動、言動、LINEなどの特徴を理解することで、好き避けされても気にすることなく仲を深めることができるでしょう。

もしかしたらあなたが嫌われていると感じている男性は、好き避けしている好き避け男子で、心の底では「もっと仲を深めたい」「付き合ってカップルになりたい」と思っているかもしれませんよ♪




好き避け男子の恋愛心理の特徴7つ

恋愛心理

好き避け男子の恋愛心理の特徴を理解すると、コミュニケーションの取り方が分かり、アプローチ方法も思いつきます。

ここでは、好き避け男子の恋愛心理の特徴7つを徹底解説します。ぜひ、好き避け男子の恋愛心理を理解するための参考にしてください。

好き避け男子の恋愛心理の特徴①緊張する

好き避け男子は緊張することで好き避けします。好きな女性と会話すると緊張して、素の自分ではいられなくなります。

また、好きな女性に絶対嫌われたくないという意思が人一倍強いため、発言や行動を失敗することを恐れます。

 

緊張して体がガチガチに固くなり、理性も理性を保ちづらくなるため、思ってもいない発言や行動に出てしまい好き避けします。

好き避け男子の心理には緊張が常にあるケースが多いです。つまり、好き避け男子の緊張さえ取り除ければ、普通に接してくれる機会が増えるということです。

好き避け男子の恋愛心理②好きバレしたくない




好きバレしたくない心理が好き避けする原因になっています。好きな感情を相手にバレたくない。そのため、あたかも嫌いであるかのように接してしまい、自分の行動や態度に後悔する好き避け男子も多いです。

好き避け男子は恋愛感情がバレることで嫌われることを極度に恐れます。女性にとって恋愛感情を持たれることは嬉しいはずなのですが、好き避け男子にとっては関係性が壊れるのが嫌だと思うのでしょう。

自分にだけ冷たいかそっけない男性がいれば、好き避け男子かもとチェックしてみてください。

好き避け男子の恋愛心理の特徴③恥ずかしい

恋愛心理

恥ずかしい心理が強くなるときに好き避けしやすくなります。いきなり顔を合わせたり、ボディータッチしたときは男性が恥ずかしいと感じやすいため、恥ずかしがり屋な性格の男性は好き避けしやすい傾向があるといえるでしょう。

もし意中の男性が冷たい態度を見せても、状況によっては恥ずかしい心理を隠すための好意なので、あまり気にしないでくださいね。

好き避け男子の恋愛心理の特徴④嫉妬

好き避け男子の心理の特徴には嫉妬心が深く関係しています。例えば、気になる女性が他の男性と仲良く話していれば、嫉妬するのでその女性に冷たい態度を取ります。

また、嫉妬を我慢できなければ好きな女性と他の男性との会話を邪魔するかもしれません。嫉妬深い男性ほど好き避け行為をしやすので、好きな男性が好き避けする場合は嫉妬させないように注意しましょう。

好き避け男子の恋愛心理の特徴⑤恋愛経験が浅く接し方が分からない




好き避け男子の恋愛心理の特徴は、そもそも恋愛の経験がないため好きな女性とどう接すればいいか分からないのです。

女性経験が多ければ、喜ばせるテクニックでコミュニケーションを深めることができますが、好き避けする男性は「恋愛経験の少なさ」が好き避けの行動に直結しています。

リラックスして深呼吸する、何度も会話して好き避けしないくらい慣れるなど、好き避けをしたくない人は対策しておくのも一つの手段でしょう。

好き避け男子の恋愛心理の特徴➅自信がない

好き避け

好き避け男子は、自信がないので好きな女性とうまくコミュニケーションを取ることができません。恋愛で振られることや嫌われることなど、ネガティブな想像が膨らんでしまい、冷たくしたり避けたりします。

 

恋愛はもちろん叶わないことも多いので、告白して振られれば傷つくことは必須です。好きな女性と自分を天秤にかけて「自分には相応しくないと」と悪い心理状態に陥ってしまい、好きな女性と仲が深まる前に諦めることもあります。

好き避け男子を卒業して、男らしく好きな女性にアピールしたいなら、自分を磨いて徹底的に自信を付けることです。自身がある男性はかっこいいので、今まで脈なしだった好きな人も振り向いてくれるかもしれませんよ♪

好き避け男子の恋愛心理の特徴⑦S気質が強い

好き避け男子の恋愛心理の特徴としてS気質が強いことを挙げられます。好き避けで冷たくそっけなくすることで、落ち込んでいる女性を見て満足します。

適度にフォローして優しくする部分もあり、恋愛感情を抱いてるからこそ意地悪しなくなるのです。

 

あえて泣きそうになるくらい冷たい態度を取ってしまうことがありますが、そういった場合はドMな女性以外からは嫌われてしまうため、ドSに攻めすぎたことを後悔しています。

恥ずかしがり屋や緊張体質の人に好き避け男子が多いですが、ドS気質が強い人も、まれに好き避け男子になる傾向があります。



好き避け男子の行動・態度の特徴5つ

好き避け男子の態度や行動

好き避け男子は、好きな人の前だと行動や態度が変わるので、特徴を理解しておくと恋愛感情を読み取りやすいです。

意中の男性が好き避けしているのか、たんに嫌われているのか知りたい人も多いでしょう。好き避け男子の行動や態度について事細かにご紹介します。

好き避け男子の行動・態度の特徴①視線をそらす

好き避け男子の行動・態度は視線をそらすことです。視線をそらすのは自分の恋愛感情がバレたくないと思っているからです。

視線をそらす前には、ジーッと見つめていれば、好き避け男子の可能性が高いです。ただ、好き避けではなく、嫌い避けで目をそらす相手もいるため見極めが必要です。




視線をそらしても会話してきたり、自分とコミュニケーションを取ったり、冷たくないなら好き避けでしょう。

一方、目をそらされたときに、怒りなどの負の感情を感じれば、嫌い避け男子の可能性も高いため注意ですね…。

 

「目は口ほどにものをいうという」ことわざもあり、視線があうことで思いが相手に見透かされるように感じるのが、好き避け男子が目をそらす理由になっています。

また、恥ずかしさと緊張、テンパった感情が、無意識に目をそらす行動を起こすことにつながっています。

好き避け男子の行動・態度の特徴②落ち着かない

好き避け男子の特徴として好きな人と、そうではない人とでは明らかに違います。好き避け男子は好きな人と会話するときは、明らかに落ち着かない態度でいることが多いです。

好き避けするのは感情表現が下手だったり、奥手だったりすることが理由になっています。堂々と男らしくした方が女性にモテることも、好き避け男子は理解しているはずです。

 

しかし、好きな人を目の前にすると、落ち着かないようで、目をキョロキョロすることや、体をゆすって緊張をほぐそうとします。

もし、気になる男性が自分と接するときだけ、落ち着かずソワソワしていたら、それは好き避けサインである可能性が高いです。

 

女性側からうまくコミュニケーションを取れば、その好き避け男子が彼氏になるケースだって充分あり得ます。



好き避け男子の行動・態度の特徴③会話が続かない

好き避け男性の会話

好き避け男子の特徴として好きな人と会話が弾みません。一方で、好きではない女性とは会話が弾むなど、好きな人とそうでもない人でかなりの違いがあります。

特定の男性が自分と会話するときだけ黙ったり、なぜか無言の空間になったりするのは、恋愛感情が理由になっているからでしょう。

 

また、好きな人に話しかけられたことで頭の中がパニックになりやすいです。好きすぎて会話の内容が頭に入ってこないこともあるため、会話を重ねて自然に話せるようになるまでコミュニケーションを取りましょう。

極度な人見知りではない限りは、会話が続かない状況が何度か続いても、少しずつ会話してくれるので、好き避け男子と仲を深めたい女性は会話を重ねる意識を持つといいでしょう!

好き避け男子の行動・態度の特徴④二人きりのときだけ優しい




二人きりのときだけ優しいのは、大勢いる場所で優しくすると恋愛感情がバレると思っているからでしょう。

二人きりになると態度が急に優しくなるなら「恋愛感情」を抱いている可能性が高いです。一方、他人がいるときには冷たい、そっけないなど全く違う態度や行動を取ります。

気になる男性が好き避けしているのか知りたい人は、二人きりになって態度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

好き避け男子の行動・態度の特徴⑤顔が赤面

好き避け男子は、好きな女性と視線があったり、会話をしたりするときに赤面することがあります。恥ずかしい・照れるといった思いが赤面することにつながるのでしょう。

顔が赤くなることは無意識に起きる生理現象の一つなので、隠すことができない脈ありサインの一つです。

好き避け男子によっては漫画のように赤面することもあるため、視線を合わせて試してみてください。

好き避け男子の言動の特徴4つ

好き避け男子の特徴

好き避けは行動や態度に出ることが理解できたでしょう。そして言動にも好き避けのサインが隠れているため、好き避けだと見極めることで自身の恋愛の幅を広げることができます。

好き避け男子の言動の特徴について細かに解説しますので、ぜひ好き避けをチェックするために役立ててください!

好き避け男子の言動の特徴①何でもない

好き避け男子の言動の特徴として「何でもない」をよく使います。何でもないといわれることが多いのは、会話しようとしたけど、会話の内容を忘れてしまったり、緊張が高まってしまったりしたときの言い訳です。

本当は好きな女性に話しかけたいから、思い切って声をかけたけど、表情や態度に恋愛感情が現れると思い、何でもないといって逃げているのでしょう。




あなたの周りには何でもないといって話をかけて遮る人はいませんか?もしそんな好き避け男子がいるなら、女性側から声をかけてあげることで、二人の関係が一気に進展することも期待できます。

好き避け男子は緊張しやすい特徴や、人見知りが、好き避けさせている場合もありますので、仲が深まっていくと好き避けしなくなることもあります。

何でもないと会話が続かなくなりそうになったら、こちらから会話をすることで、好き避け男子との仲を深めてみてはいかがでしょうか。

好き避け男子の言動の特徴②たまに悪口や憎まれ口を言ってくる

好き避け男子の言動の特徴はたまに悪口をはさむことです。常に好きな女性を褒めることを恥ずかしいと思うため、たまに「服が似合わない」「髪が微妙」など、思っていることとは違うことを発言するため、悪口を言われたと感じることもあるでしょう。

 

しかし、好き避け男子は好きな女性には基本的に優しいので、悪口をいう回数は少ないです。会う度に悪口をいわれるのは、たんに嫌われているだけなので、悪口の頻度で好き避けか嫌い避けか見極めましょう。

 

好きだという感情をバレたくない一心で、悪口や憎まれ口をたたくことで、好きな女性に恋愛感情を読み取られないよう必死なのです。女性にとっては少しの悪口や憎まれ口でもショックを受けることもあるかもしれません。

 

しかし、好き避け男子の言動の傾向を理解していれば、少しの悪口や憎まれ口は可愛く思えますし、スルーしていちいち気にする必要もないでしょう!

好き避け男子の言動の特徴③悪口や憎まれ口の後に後悔する

後悔する

好き避け男子はおかしな言動も多いので、女性にとっては戸惑うことも多いです。好き避け男子は好きな人に恋愛心理がバレたくない一心で、悪口や憎まれ口を発した後に後悔するそぶりを見せます。

 

例えば、悪口や憎まれ口を発した後に、目を下にそらしたり、「ごめん、嘘」などフォローしてくれば、自分の恋愛感情を隠すので必死だった証拠です。好き避け男子は、本心とは違うことを言ってしまったことに、強く後悔してしまいます。

 

空気が重くなることもありますので、女性側から会話してあげることで、安心してアピールしてくれるでしょう。また、悪口や憎まれ口を発した後はしばらくは言われないはずなので、その間に仲良くなりましょう。

 

悪口や憎まれ口で叩かれた後は、笑ってスルーする、悪口や憎まれ口にあえて乗るなど、女性のテクニックを披露するチャンスに変えることも可能です。

好き避け男子の言動の特徴④小さい声で挨拶

好き避け男子は「おはよう」「お疲れ様」などの挨拶の声が小さいです。また、好きな女性にだけ挨拶したり、好きな女性に挨拶するときだけ小さい声だったりするため、好意があることを見極めることができます。

ただ、女性からすれば明るい声で挨拶してくれた方が気持ちいいですし、挨拶の声が小さいと印象も悪くなりがちです。

好きな女性に好き避けしてしまう男性は、挨拶だけは大きな声で伝えられるよう努力しましょう!




好き避け男子のメール・LINEの特徴4つ

メールやLINE

好き避け男子はメールやLINEにも特徴があります。メールやLINEは対面で会話するより緊張しにくいですし、じっくり考えられる時間があるので、好き避け男子も好きな女性にアピールしやすいです。

好き避け男子のメールやLINEの特徴を徹底解説します。



メール・LINEの特徴①直接会っているときより積極的

好き避け男子のメール・LINEの特徴は、直接会っているときより積極的になりやすいです。顔を見て好きな人と会話するのは緊張するため、恥ずかしくてそっけない態度を取ってしまいがちでしょう。

メールやLINEなら緊張しないで自分のタイミングで送ることができ、自分の伝えたいことや、好きな人に対して思っていることをストレートに表現することができます。

LINEは誰にも邪魔されず二人だけで話すことができるので、恋愛関係を育むには有効なコミュニケーションです。

メール・LINEの特徴②LINE電話では声のトーンが高い

声のトーンが高い

好き避け男子は会っているときは、冷たかったりそっけなかったりする印象があります。LINE電話で声のトーンが高いなら、脈ありサインだと捉えてOKです。

好き避け男子にとっては、直接会っているときに伝えらなかった気持ちを伝えることができますし、好きな女性と仲を深めるチャンスです。

直接会っているときにそこまで仲良くないのに、LINE電話で話したがる男性がいれば、それは好き避け男子です♪

好き避け男子の特徴を理解しておくことで、自分に脈ありで好き避けしているか、嫌いで嫌い避けしているか判断することができます。

メール・LINEの特徴③連絡がマメ




好き避け男子はメールやLINEの連絡はマメな特徴が見られます。なぜなら、直接会っているときはアピールできないどころか、冷たい態度をとってしまう度に後悔しているからです。

メールやLINEで好き避けすることはほぼないといってもいいでしょう。直接会っているときに冷たく、メールやLINEでは連絡がマメで積極的なら脈ありの可能性が高いです♪

メール・LINEの特徴④質問が多い

好き避け男子は直接会っているときは、自分らしく接することができないため、メールやLINEで質問して好きな女性のことを理解したがります。

好きな食べ物やテレビ番組、好きなタイプなど、質問では恋愛関係につなげるためのヒントを得ることができるのです。




普段は全く会話しないし、そっけないのにメールやLINEではガンガン質問してくるなら、脈ありで好きだと思われている可能性が高いと判断できるでしょう。

そもそも脈なしで嫌いな女性にはメールやLINEで質問しないため、現実とメールやLINEでギャップがあるなら「好き避け」の可能性を疑ってみてはいかがでしょうか。

好き避け男子だけではなく嫌い避け男子もいる

嫌い避け男子

好き避け男子の特徴についてお伝えしてきましたが、そっけない・冷たい態度を取る男性が全て好き避け男子であるとはかぎりません。

中には、本当に嫌いで嫌い避けしている男性も含まれるからです。好き避け男子の場合は冷たくされる反面、優しくされることも多いからです。

次章では、嫌い避けのパターンをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。




好き避け男子ではない嫌い避けのパターン

嫌い避け

好き避けだと分かれば、そっけなく、冷たくされても傷つくことはありません。しかし、嫌い避けされているなら、脈なしで恋愛の可能性は低いと判断できるでしょう。

それでは、嫌い避け男子のパターンをチェックしていきましょう。

嫌い避け男子のパターン①会話のときに体の向きがこちらを向いていない

嫌い避け男子は、会話のときに体の向き無意識に相手から外します。一方、好きな人には体の向きを相手に向けるでしょう。

「嫌いだ」という感情は防衛本能の一種であり、会話の体の向きをチェックすれば好きか嫌いか判断することができます。

また、体を不自然に斜めに向けたり、距離感が離れていたりするのも嫌い避けのサインです。

嫌い避け男子のパターン②挨拶や会話がない




嫌い避け男子は挨拶や会話をしません。同じ職場なら最低限の挨拶くらいはあるかもしれませんが、何気もない会話はしたがらないでしょう。

嫌いという感情が強いなら、こちらからの挨拶を無視することも考えられます。好き避けなら冷たい態度を取りながらも、会話を振ってくれたり、何気ない会話につきあってくれたりするはずです。

挨拶や会話をしてくれるかを確認することで、嫌い避けではないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

嫌い避け男子のパターン③メールやLINEを無視

嫌い避け男子のパターンとしてメールやLINEを無視することが挙げられます。なぜなら、嫌い・苦手といった感情を持っていると、その相手からのメールやLINEに返信する時間や手間が無駄に感じるからです。

好き避けなら、現実では冷たいそっけない態度や行動に見えても、メールやLINEでは積極的に返信してくれます。

好き避けか、ただの嫌い避けかは、自分の恋愛相手を決める上では重要になります。メールやLINEに嫌い避けの傾向が見られたら恋愛候補から外した方がいいでしょう。

好き避けについて理解するための動画

好き避けについて理解を深めたい人は動画も合わせて参考にしてください♪

好き避け男子のサインを見逃さないで

好き避け男子のサイン

好き避け男子の特徴について解説しました。好き避け男子は、好きな気持ちがあるのに空回りして冷たい態度を取ってしまうため、思いを届けられずに後悔していることも多いです。

会話やLINEを重ねていくことで好き避けしないで、普通に接することができるようになるはずです。好き避けサインを見逃さないことで恋愛の幅を広げられるのはもちろんのこと、コミュニケーションの輪も広げることができるのではないでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました