結婚式に行きたくない!独身アラサー女性のリアルな本音を激白!

結婚式 恋愛 結婚

結婚式に行きたくないと思ったことはありませんか?独身アラサーになると周りの目や声を気にしてしまうケースも多いです。結婚式に行きたくない独身アラサー女性は数多くいて、一度は断るか迷ったことがあるはずです。今回は、結婚式に行きたくない独身アラサー女性のリアルな本音を激白します。




独身アラサー女性が結婚式に行きたくない割合

結婚

独身アラサー女性が結婚式に行きたくない割合は60%です。つまり、半分以上が結婚式に行きたくないと感じているのです。

訪れる独身女性の中には気分が向かないで来たり、心の底から結婚を祝えなかったりするのが実情です。結婚は幸せなライフイベントですが、結婚できない人にとっては嫉妬が芽生えることにつながります。

結婚式は親族や地元の幼馴染、もしくは他人と関わる場所でもあり気づかれするという本音もあります。なので、結婚式に行きたくないと感じている女性は罪悪感を抱く必要はありません。

独身アラサー女性が結婚式に行きたくない本音

独身アラサーの結婚

独身アラサー女性は結婚式に行きたくない確率が高いです。なぜなら、結婚を素直に祝えないことや、自分が独身であることを気にしてしまうからです。次章では、独身アラサー女性が結婚式に行きたくないリアルな本音を解説します。

結婚式に行きたくない本音①疲れる



独身アラサー女性が結婚式に行きたくないリアルな本音は疲れるからです。結婚式は挨拶や服装、ときにはスピーチを頼まれることもあります。

人生で一番と言えるビックイベントなので疲れるというのが本音で、結婚式のことを想像するうちに行きたくないと思ってしまうのです。

結婚式の最中は幸せな風景を眺められますが、独身アラサー女性だと素直に祝福することができないケースもあるでしょう。

自分が結婚してないことを痛感することを考えても疲れるのが本音で、中には結婚式を欠席する独身アラサー女性もいます。

結婚式に行きたくない本音②お金がかかる

結婚式に行きたくないのはお金がかかるというリアルな本音も隠されています。独身アラサー女性はお金を将来のお金を貯めていたり、他のことにお金を使いたかったりするでしょう。

結婚式会場が遠いところだと高いお金がかかり行きたくないと思ってしまいます。結婚祝い金をいくらにするかも迷うため、お金のことを考えて欠席することもあります。

結婚式に行きたくない本音③独身について聞かれる




独身アラサー女性が結婚式に行けば「なぜ独身なの?」と聞かれます。結婚式に行きたくないのが本音なのは独身がネックになっています。

自分より年下の親族や職場の同僚の場合は、結婚式に行きたくない気持ちがより強くなるでしょう。結婚願望があるのに縁がない独身アラサー女性もいるため、わざわざ独身について聞かれる場所には出向きたくありません。

また、何も知らない人から「結婚しなよ」「いつ結婚されるの?」と聞かれることもありますので、実際にそのような質問がないとしても身構えしてしまい、頭の中で負の妄想を繰り広げてしまいます。

結婚式に行って独身について聞く人もいれば、あえて気を遣って聞かない人もいるでしょう。ただ、独身アラサー女性にとっては結婚していないことを「恥ずかしいこと」と周りの目を気にしてしまう自分の心が原因にもなっています。

大事な友達や親族の結婚式なら、独身について問われても気にしないくらいの心構えで結婚式に出向きましょう。

結婚式に行きたくない本音④会いたくない

独身アラサー女性が結婚式に行きたくない本音は会いたくないからです。例えば、地元の友達であれば元カレであることや、疎遠なことで会いたくないと考えます。

親族であれば疎遠で仲良くないため、結婚式に行く必要があるのかと思ってしまうでしょう。思い出がなかったり、話したことがなかったり、関係が微妙なときは誰しも行くことを迷います。

独身アラサー女性であるなら「会いたくないから行かないでいいや」と考えがちです。独身ということを周りから聞かれるだけでも気まずいため、関係が疎遠だったり仲良くなかったりすれば、結婚式に行かない選択肢を選びます。



結婚式に行きたくない本音⑤幸せオーラが辛い

結婚式に行きたくない本音

独身アラサー女性にとって結婚式は幸せオーラがムンムンで辛いのが本音です。結婚を祝わなくてはいけないと分かっていても独身な状況と重ね合わせると、他の人の結婚を素直に祝えません。

それどころか結婚式に行きたくないと感じてしまい、当日や前日に結婚式への出席をキャンセルするアラサー女性もいるでしょう。

一方で、結婚している人であれば自分の結婚式を思い出しならが心から祝福できるはずです。幸せオーラとは、身近な例で挙げますと「駅のホームでイチャイチャしているカップル」をさらに幸せにしたものです。

独身アラサー女性が親族や職場の同僚の結婚式に行き、幸せを心から祝福できることの方が少ないのではないでしょうか。

考え方を転換させて幸せオーラを受け入れずとも、自分が結婚してやるとの思いを高められる場所だと捉えれば結婚式に行きたくない気持ちを払拭できるでしょう。

疎遠だったり仲良くなかったりするなら、無理してまで結婚式に行く必要はありませんが、大切な人の結婚式なら行くべきです。



結婚式に行きたくない本音⑥服装やヘアセットが面倒

結婚式のファッション

結婚式は服装やヘアセットを決めていかなければなりません。時間がかかることや服装が決まっているか不安になり面倒に思う人もいます。

会場に行く途中に風で崩れてしまうリスクもあり気疲れすることにもつながります。独身アラサーだという立場と服装やヘアセットを考慮すると、どうしても結婚式に行きたくない気持ちが強くなってしまうのでしょう。

また、結婚式の服装やヘアセットにはお金もかかるため、資金的に厳しい人にとっては行きたくない原因に直結するといえます。

結婚式に行きたくないときの上手な断り方

結婚式に行きたくないアラサー女性は数多くいます。断り方が分からない人に向けて上手な断り方をご紹介します。

仕事で参加できないことにする




結婚式に行きたくないときは仕事で参加できないと伝えましょう。ドタキャンはよくないため招待状が届いてすぐに行けない旨を伝えた方がいいでしょう。

また、断るときには仕事で人が足りないことや、どうしても休めないことをきちんと伝えることで、結婚式にいけないことを分かってもらえるでしょう。

親族や仲のよい友達であれば今後も付き合いがあるはずです。結婚式にドタキャンすれば関係が崩れるリスクもあるため、上手な断り方を模索しましょう。

他の結婚式の予定がある

平日はほとんどの人が仕事をしているため、土日に結婚式に招待されることが多いです。他の結婚式の予定が入っていれば相手も納得せざるをえません。

先に結婚式の予定が入っていればキャンセルするのも申し訳ないですし、そちらを優先するべきでしょう。ただ、実際に結婚式が被ることはほとんどないため、感が鋭い人にはバレてしまうこともあります。

あまり仲良しではない人の結婚式を断るときに使う断り方です。




結婚式は行かなくてもいい

結婚式に行きたくないアラサー女性の人は無理していく必要はありません。もちろん親族や関係性の強い人の結婚式であれば行った方がいいでしょう。

一方で、仲良しではない人や疎遠な人であれば上手に断ることで、疲れたり嫌な思いをしたりせずにすみます。結婚式に行く行かないは今後の関係性を考えて決断してください。



合わせて読みたい関連記事



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました